マンションの査定方法の基本とは

簡易査定と詳細査定

デメリットとしてはやはり要素が少ないために正確性がかならずしも図られないことが挙げられます。
特にオートロック付き、管理人の常駐、オール電化、日当たりや静音性などのアピールしたいポイントが無視されてしまいますので、実際よりも価格的に低くなってしまうことが避けられません。
これに対して詳細査定とよばれる方法もあり、現地に不動産会社の担当者を呼び出して人の目で物件をチェックしてもらう方法のことをいいます。
この方法であれば日当たりなどの数値化しにくい要素であっても加味してもらうことができますし、プロの目線からのチェックですので取りこぼしもありません。
もちろん床面や壁面のキズ、その他の経年劣化の度合い、抵当権などの権利関係という部分にもチェックが入り、価格が安くなってしまうこともあります。
それでも適正な売出価格との差異が少なくて済むことを考慮に入れれば、価格が低かったとしても現実的な相場が事前に正確にわかることはメリットといえるでしょう。
どちらの方法を採用するにしても、最終的には単独、または複数の不動産会社と媒介契約を締結して、その後の売却に向けた手続きをしてもらうのが普通です。
媒介契約はマンションを売却に出していることをインターネットや専門誌、チラシその他の媒体を通じて広報宣伝したり、購入希望者の内覧の際に説明をしたり、売買契約の書類を作成したりといった、さまざまな仕事を代行あっせんしてもらうための契約といえます。

😳😳😳😳
寝返りした!
😳😳😳😳

マンション査定でお客様来てたから別室に寝かせてたんだけど、なんか泣き声聞こえるな〜…と思って見てみたらびっくり!!
完全にうつ伏せに!!
息子、ついにやったな〜〜😭✨
でもうつ伏せ増えるの心配❗️

— まぼ@Lv.8m♂ (@maabon_mom) 2018年8月5日

早期に売却してしまうのがベストな選択 : 簡易査定と詳細査定 : 一般媒介契約から専属専任媒介契約までのいくつかの種類がある