個人再生と自己破産の違い

個人再生と自己破産の違いは、前者が借金を減額してても弁済していく方法であるのに対して、後者は法的に債務の返済が免除される点です。

個人再生のメリットは住宅などの財産を残せる点です。ただし、条件があります。借金の減額幅は最低弁済額100万円を基準に5分の1から10分の1まで減額できる代わりに、安定した収入が必要となります。

どちらも裁判所を介した債務整理ですが、個人再生の場合は債権者たる金融会社の再生案を承諾を経なければ、成立しません。個人再生には小規模個人再生と給与所得者等再生がありますが、小規模個人再生は条件のハードルが上がります。

自己破産については債務の返済が困難であることを裁判所に認めてもらい、その上で免責といって債務全額の返済が免除される手続きを経る必要があります。この自己破産の場合も、破産宣告は受けられても、免責では不許可になることもあり、財産の状況によっては管財事件となります。財産がない場合は同時廃止となりますが、借金の理由や財産によって自己破産の手続きが異なる点も注意が必要です。

どちらを選択すれば良いのかは弁済能力があるか、それも安定して返すことができるかで分かれてきます。個人再生の弁済期間は3年であり、事情によっては5年とすることも可能です。手続き上、基本的に弁護士への依頼となりますが、借金の理由や今後の収入を明らかにして話を進めましょう。

また、どちらも新たな借り入れやローンの理由は制限されますが、自己破産は特定の職業に関して資格制限がありますので、そうしたデメリットの説明を受けることも大切です。返済が困難であることと、不能状態であることはまったく違います。

返済できる能力、経済的余裕があるならば個人再生の選択となります。財産の処分の範囲も相談内容になりますが、破産の場合は全財産の没収となることはありませんので、その点は安心してください。返済不能になり、裁判所から差し押さえ通知書が届いている場合は早急に対処する必要がありますので、いち早く弁護士に相談することが解決への早道です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>